エンジンオイルの交換と重要性 | ニュース・お得情報|車検のコバック高崎町屋店

車検のコバック高崎町屋店
  • コバック高崎町屋店へ電話
メールフォームへ

エンジンオイルの交換と重要性

コバックニュース
2020/03/19

エンジンオイルってどんなもの?

車にとっての大切な心臓部分であるエンジン


そのエンジンをうまく動かす為に必要なのが血液のような役割をするエンジンオイルです。


エンジンオイルはオイルパンと呼ばれる場所に入っていて、そこからオイルポンプによって汲み上げられ、必要な場所に循環していきます。


ではエンジンオイルにはどんな役割があるのか?大きく5つに分けてご紹介します! 


1、潤滑
エンジン内部には金属の部品が多数あり、エンジンの動作中にはピストン運動や回転運動などを繰り返しています。

エンジンオイルはこの金属部品の摩耗を防ぎ、動きを良くする役割があります。

 

2、冷却
エンジン内部は非常に高温になっているため、エンジンオイルはエンジンの冷却を行いオーバーヒートする事を防ぐ役割があります。

 

3、防錆
エンジンには多数の金属部品が使われているため、酸素などにより酸化してサビてしまいます。
エンジンオイルはそのようなサビの原因となるものから内部を守る役割があります。


4、洗浄
実はエンジンは使用すると内部で汚れが発生しています。
汚れが溜まってしまうとエンジンの動きが悪くなり、最悪の場合エンジンブローにつながる恐れがあります。
エンジンオイルはそのような汚れを油分の中に取り込み、エンジン自体を洗浄する役割があります。

 

5、密封
シリンダーやピストンの隙間に油膜を張り、気密性を高めて圧縮漏れを防ぐことによりエンジンの不調を防ぎ、燃費向上にも繋がります。

エンジンオイルの交換

オイル交換時期

交換しないとどうなる?

 

ではエンジンオイルを交換せずにいるとどうなるのでしょう?


結論から申し上げますと、最悪の場合はエンジンの故障につながり走行できなくなる可能性があります。


オイルが酸化し古くなり、本来の機能を発揮できなくなる為です。


同じオイルを使用し続ける事で、スラッジ(汚れ・ヘドロのようなもの)がエンジン内部で蓄積し「エンジンの焼きつき」を伴い、火災の原因になる可能性もあります。


そのため、エンジンオイルの交換が必要であり、こまめに交換する事でエンジン自体を長持ちさせ長くお車に乗っていただけるようになるのです。

交換時期

エンジンオイルはどれくらいで交換をしたらいいのでしょうか?


使用する環境や、頻度にもよって違いますが、コバックでは一つの目安として


・5,000Kmもしくは6ヶ月


での交換をお勧めしています。
(使用しているエンジンオイルや車種により変動します)


そのため、良く車にお乗りになる方であれば、5,000Kmを走行する時点で、あまり普段お車に乗らない方でも6ヶ月で交換をお勧めしたいです。

 

エンジンオイルは使用の有無に限らず劣化をしてしまいますので、あまり乗らないからといって交換しないのはエンジントラブルにつながる可能性があります。


不安な場合はエンジンオイルの汚れなどをチェックしてみましょう。

オイルの種類

エンジンオイルにはどのような種類があるのでしょうか?


まずベースオイルには3種類あります。


1、化学合成油
エンジンを守るために作られた専用のオイルです。そのため、オイルとしての性能がよく燃費性能や始動性能なども良いと言われています。

デメリットは3つの中で一番高価なオイルだという点です。

 

2、鉱物油
もっとも安価なオイルの種類です。

メリットは価格面で非常に安い事ですが、エンジン内部に不必要な成分が混在しており、耐熱性能や酸化しやすいのが弱点となります。

 

3、部分合成油
化学合成油と鉱物油の中間のオイルとなります。

鉱物油の弱点である酸化性能などを改善したオイルとなります。

オイルとしての性能は化学合成油に劣りますが、値段が安価なのがメリットとなります。

 

そしてオイルのグレードがAPI規格とILSAC(GF-5)規格により設定されていて、最も最高品質となるのが[SN][GF-5]となります。

まとめ

オイル交換

大切な愛車を快適に維持させる為にもエンジンオイルの交換は定期的に行いましょう!


また、エンジンオイル交換の他にもオイルエレメント交換もオススメします!


もちろん車検のコバックでもエンジンオイルの交換作業を承っておりますので是非ご利用ください!


https://kobac-takasaki02.com/oil_change/

コバ割でお得に車検!車検最大割引7,700円OFF
車検ご予約フォーム