高崎市の車検ならコバック高崎町屋店。群馬県高崎市町屋町708。 【WEB受付】24H年中無休対応/代行料0円、見積り0円、代車0円【業界最安値】の店舗数全国NO.1車検専門店

  • 車検のコバックグループ年間車検台数、
    驚愕の930,000台!!

    ※2019年12月末 自社調べ
    高崎市内で圧倒的実績! 累計30万台突破!車検の悩みを早く!、安く! 解決するなら圧倒的最速・最安値No.1宣言 代行料・代車料・見積料0円 他社よりも最安値でご案内最低価格保証システム 他社よりも最安値でご案内最低価格保証システム
  • 高崎市内で年間車検台数、約2,300台の実績!!
    車検のコバックグループ年間車検台数、驚愕の930,000台!!
    ※2019年12月末実績 自社調べ

    車検の見積もりはコチラ 見積もり・予約キャンセル料は一切不要です。

メニュー

閉じる

《お店と周辺地域について》

1970(昭和45)年に旧榛名町に小林ボデーを創業、その後2010(平成22)年に「車検のコバック高崎町屋店」をOPEN。現在は高崎市や前橋市のお客さんを中心に年間2,000台の車検の取り扱いをしている。
関東地方の北西部、群馬県の中核市である高崎市の烏川沿いに位置する高崎町屋店。下大島・町屋工業団地の中にあり、周囲は田んぼや畑の広がるのどかな雰囲気だ。
近隣には榛名山を見渡す八幡霊園があり、広々とした公園も設けられた霊園には四季折々の植物がうえられているそう。
最寄り駅はJR信越本線群馬八幡駅。高崎駅からはわずか7分。比較的市街地に近い場所に位置している。高崎市自体、古くから交通の要とされており、中山道と三国街道の分岐点であり、関越自動車道と北関東自動車道の分岐点、さらには上越新幹線と北陸新幹線の分岐点でもある全国有数の交通拠点都市だ。特に新幹線が停車する高崎駅は群馬県の県庁所在地である前橋市の玄関口ともなっているので、群馬県の交通の中心地でもあるのだそう。
また、高崎市は日本一のだるまの産地。国道18号沿いの通りには、だるまの生産工場が集中している。商売繁盛、開運招福、家内安全、必勝、当選、合格など、あらゆる願いが込められる「高崎だるま」や、観音山丘陵の端に位置する少林山達磨寺の福を招く「少林山達磨寺」。その他、高崎のシンボル「白衣大観音」、全国から人々が訪れる人気のパワースポット「榛名神社」など高崎市には運気を上昇させるものがたくさんあることから、「縁起のいいまち」として観光客も多く訪れるようだ。
中でも少林山達磨寺の境内には古今東西各種の達磨を展示した達磨堂などもあり、積み上げられた目の覚めるような真っ赤な達磨の数々と、秋の紅葉の赤が見事にマッチした風景が楽しめる。「福だるま」と呼ばれ有名な少林山の達磨の髭は、鶴と亀を象っており、毎年1月に行われる「七草大祭だるま市」では、1年の福を求めて多くの参拝客と観光客で賑わう。なお、1年間人々の生活を見守った福だるまは奉納され、お炊き上げ供養がなされるそうだ。少林山達磨寺も最寄り駅は群馬八幡駅。
200余年の伝統が息づく高崎だるまは、群馬県達磨製造協同組合でお土産としてさまざまなサイズで販売されている。同組合のQ&Aには、高崎だるまの黒眼は「左の眼」から描き入れるのがオススメで、向かって右側の左の眼から入れるのが正しいとされているそうだ。これは、「右に出る者はいない」という言葉があるように、座席の位置は左側が上位とされることに起因している説なのだが、実際のところは特に決まった順序はないそう。眼入れとは「無い目玉を描き入れる」行為ではなく、「心の目の開眼を表現した」ということなので、願をかける人は心して描き入れてみては。